※8/8 掲載
委員長より 農団労運動の基本を重視し運動展開を


第32回定期大会

2019年度運動方針を確立

新執行部を選出 



 7月19〜20日の二日間にわたり全国農団労は第32回定期大会を都内で開催した。代議員・オブザーバーあわせて129名が参加し。議長団には、木嵜代議員(長野)と豊田代議員(茨城)が選出され、議長団により議事がすすめられ、2019春闘総括をはじめとし2019年度運動方針などの議案が提案・討論され、全ての議案が承認された。
 2019年度運動方針では、@労働条件を向上させることで人材を確保し、安心と誇りを持って働ける職場をめざす、A総合事業体制の堅持および機能発揮、地域協同組合としての責任を果たすための農協革新をめざす、B家族農業を基軸に安心・安全を基本とする農業再建をめざす、C公平・公正で安心して働き暮らせる社会の実現をめざす、D地球環境を保全し、原発に依存しない再生可能エネルギーや循環資源を活用した社会の実現をめざす、Eすべての核兵器を廃絶し、平和な世界をめざす、F産別機能の強化と労働組合の力量向上をめざす、の7つの課題を掲げ取り組むこととしている。のべ37人の補強意見も含め新年度の運動方針を確認した。
 今定期大会では2019〜2020年度役員選出が行われ、信任投票の結果、全ての立候補者の信任が確認された。






規制改革推進会議の「農協改革に関する意見」に対する抗議声明

 11月14日、全国農団労中央執行委員会は「規制改革推進会議の『農協改革に関する意見』に対する抗議声明」を出しました。

 抗議声明はこちら ⇒ 規制改革推進会議の『農協改革に関する意見』に対する抗議声明


TPP協定承認案

衆議院通過に断固抗議する

 11月10日、TPP協定承認案が衆議院を通過したことに対し、全国農団労はフード連合・国公連合の三者で「国民的合意なきTPP批准に対する抗議声明」を出しました。

 抗議声明はこちら ⇒ 国民的合意なきTPP批准に対する抗議声明


TPP「大筋合意」を糾弾する

 10月5日に報じられたTPP「大筋合意」に対し、全国農団労は<TPP「大筋合意」を糾弾する声明>を出しました。

 声明文はこちら ⇒ TPP「大筋合意」を糾弾する声明


TPP交渉で要請

三産別で連合へ申し入れ

 12月6日、全国農団労はフード連合・国公連合と共に「TPP交渉に関する要請」を連合に申し入れた。政府に対してTPP交渉の情報開示や、国民的議論なき妥結を行わないよう強く働きかけるよう要請した。

 要請内容はこちら ⇒ TPP交渉に関する要請


TPP参加表明に強く抗議する

 3月15日、安倍総理はTPP交渉に参加することを表明した。全国農団労は、2010年の菅直人総理(当時)による突然のTPP交渉参加発言以降、一貫してTPP反対を訴え、他の労働組合・団体・市民に対してもTPPの危険性や問題点を拡げる取り組みを中央・地方を問わず継続して来た。全国農団労は今回のTPP参加表明に対し強く抗議するとともに、TPP交渉参加表明に対する談話及び9産別(フード連合、国公連合、全国農団労、日教組、全水道、全労金、森林労連、建設連合、労済労連)声明を発表したので、以下に全文を掲載する。

TPP交渉参加表明に対する農団労の談話

政府のTPP交渉参加表明に対する声明


東日本大震災に関する記事

2012年国際協同組合年に関する取り組み(11/17update)

特例年金の早期清算に向けた確実な一時金払い選択に関する要請

要請書回答書

TPP交渉参加 民主党PTへの要請

要望書全文