第34回定期大会

新体制で運動をスタート

2021年度運動方針を確立



 7月16日、全国農団労は「第34回定期大会」を香川・高松市内で開催した。新型コロナ感染対策のため、代議員のみの参加と規模を縮小し、従来の2日から1日へと時間短縮した上での開催となった。出張制限等により参加できなかったところはあったが、代議員45名(うち委任13名)が参加した。
 今定期大会では、2021春闘総括を確認した他、2021年度運動方針を確立した。運動方針では、コロナ禍の中、集まりにくい状況が続くが、労働組合運動は人が相対して議論を積み重ね運動を進めていくという基本を確認した上で、WEB等を活用した取り組みをすすめることとした。また、運動方針の柱として、「労働条件を向上させることで人材を確保し、安心と誇りを持って働ける職場をめざす」「総合事業体制の堅持および機能発揮、地域協同組合としての責任を果たすための農協革新をめざす」「家族農業を基軸に安心・安全を基本とする農業再建をめざす」「公平・公正で安心して働き暮らせる社会の実現をめざす」「地球環境を保全し、原発に依存しない再生可能エネルギーや循環資源を活用した社会の実現をめざす」「すべての核兵器を廃絶し、平和な世界をめざす」「産別機能の強化と労働組合の力量向上をめざす」の7つを掲げ、運動をすすめていくことが確認された。
 また、今大会では役員の改選が行なわれ、大谷委員長をはじめとする新執行部が信任された。  新執行部








規制改革推進会議の「農協改革に関する意見」に対する抗議声明

 11月14日、全国農団労中央執行委員会は「規制改革推進会議の『農協改革に関する意見』に対する抗議声明」を出しました。

 抗議声明はこちら ⇒ 規制改革推進会議の『農協改革に関する意見』に対する抗議声明


TPP協定承認案

衆議院通過に断固抗議する

 11月10日、TPP協定承認案が衆議院を通過したことに対し、全国農団労はフード連合・国公連合の三者で「国民的合意なきTPP批准に対する抗議声明」を出しました。

 抗議声明はこちら ⇒ 国民的合意なきTPP批准に対する抗議声明


TPP「大筋合意」を糾弾する

 10月5日に報じられたTPP「大筋合意」に対し、全国農団労は<TPP「大筋合意」を糾弾する声明>を出しました。

 声明文はこちら ⇒ TPP「大筋合意」を糾弾する声明


TPP交渉で要請

三産別で連合へ申し入れ

 12月6日、全国農団労はフード連合・国公連合と共に「TPP交渉に関する要請」を連合に申し入れた。政府に対してTPP交渉の情報開示や、国民的議論なき妥結を行わないよう強く働きかけるよう要請した。

 要請内容はこちら ⇒ TPP交渉に関する要請


TPP参加表明に強く抗議する

 3月15日、安倍総理はTPP交渉に参加することを表明した。全国農団労は、2010年の菅直人総理(当時)による突然のTPP交渉参加発言以降、一貫してTPP反対を訴え、他の労働組合・団体・市民に対してもTPPの危険性や問題点を拡げる取り組みを中央・地方を問わず継続して来た。全国農団労は今回のTPP参加表明に対し強く抗議するとともに、TPP交渉参加表明に対する談話及び9産別(フード連合、国公連合、全国農団労、日教組、全水道、全労金、森林労連、建設連合、労済労連)声明を発表したので、以下に全文を掲載する。

TPP交渉参加表明に対する農団労の談話

政府のTPP交渉参加表明に対する声明


東日本大震災に関する記事

2012年国際協同組合年に関する取り組み(11/17update)

特例年金の早期清算に向けた確実な一時金払い選択に関する要請

要請書回答書

TPP交渉参加 民主党PTへの要請

要望書全文